別冊 ≪ほっとひと息≫

2019年 冬号

2018.12.18

《巻頭言》
  こんなにあったかい12月でいいのと思っていたら、さすがに冬と思える季節になりました。クリスマスやお正月、節分、ひな祭りの恒例のイベントが平穏無事に過ぎ、平成最後の春が迎えられることを祈念している師走の今日この頃です。

 





《立春を迎えた今日この頃》~(ふきのとう)2.4

    ????最近はイベントごとが少なく、ふきのとうで日々行っている作業の様子を見ていただきたく、ふきのとう作業内容のご紹介????

 

ふきのとうではお菓子の箱折をメインにお茶のパック詰めなどをしています★

今回は沢山あるお仕事のうちで、最近受注した「博多ぽてと」の箱折について説明したいと思います!

 ①    「博多ぽてと」の材料は中敷き、本体(フタ、ソコ)に分かれて納品されます。

②    まず中敷きの各パーツを折り、組み立てます。

③    フタとソコをそれぞれ折り、ソコを折る人は中敷きを入れます。

④    スタッフが異物の混入等がないかを検品、フタとソコを合わせます。

⑤    箱を10個ずつ包装して完成、出荷となります。

ふきのとうでは一連の作業を多い時では一日に1000個ほどこなします!!

利用者さんの作業はとても速く、まさにプロの技です(笑)

《師走の風物詩!「もちろん”ほっと”の”Xmasケーキ」》~(喫茶ほっと)12.23

   メリークリスマス! 
大好きな人とおいしそうなケーキをイブに食べたいな
(^^)     ということで、
ご購入いただいた「皆様」ありがとうございました!!