理事長のひとりごと

凄いことになってます

2018.07.6

台風一過、青空が広がり、そろそろ梅雨明けと勝手にシナリオを描いていたら、全国的に豪雨の中、福岡も巻き込まれています。。
 最近、地球全体に異変が少しずつ生じて来ていることを肌身に感じることが多くなってきました。
 昨年の朝倉地域の大災害には、在職期間の中で7年間通勤し執務した懐かしい甘木地域(現朝倉市)の無残な状況を目のあたりにして驚愕したことを思い出す。
 まだ、雨が止みそうにありません。JRが止まり、西鉄大牟田線も運行に支障をきたし始めたとのこと。えらいことです!
 災害にあまり縁のない福岡市全体が危機状態です。前線が停滞して明日250ミリの天気予報どおりになると河川やため池は完全に暴発します。
 若いころ、「生きてりゃいいことあるさ」なんて、しゃれたセリフが流行ったこともありました。
 最近,世情も自然状況も体験しないことばかりで、少々長生きし過ぎたなと愚痴りなる平成の末期です!
 梅雨がないはずの北海道にも梅雨が初めて発生しました。これから日本全土に、想いもかけない災害の歴史を作っていくのは遠慮したいものだが、人の力は、自然の前で本当に非力なのは経験済みなのに、謙虚に受け止めないのは我々人間です。
 地球に人が住めなくなるまで反省せず、欲と驕り高ぶる人々の多いこと。悲しいかな、人類?